SUBARU

SUBARUのクルマづくり【7】アイサイト・ツーリングアシスト

-長時間の運転をやさしくサポート-

お客様に安心と愉しさをご提供する、SUBARUのこだわりポイントをご紹介する連載コーナー「SUBARUのクルマづくり」。

今回は「アイサイト・ツーリングアシスト」についてご紹介いたします(^o^)!

「アイサイト・ツーリングアシスト(以下、ツーリングアシスト)」は、高速道路や自動車専用道における、すべての車速域*1でアクセル・ブレーキ操作に加え、ステアリング操作もアシストしてドライバーの運転負荷を軽減する機能です。

2017年、当時のレヴォーグとWRX S4に初搭載され、昨年デビューした新型フォレスターには新たに標準装備されています。

ツーリングアシスト開発のポイントとなったのは約60 km/h以下でのステアリング制御です。

従来から採用されていたアイサイトの「車線中央維持機能」はステレオカメラで区画線を認識して制御を行なっていましたが、低速域では車間距離が縮まるため、区画線が認識しにくくなる場面があります。
そうした状況でも制御を可能にするために「区画線のみを認識する制御」「区画線と先行車の情報を組み合わせた制御」「先行車のみを認識する制御」この3つのモードを走行環境の変化に応じて最適に切り替えながら制御しています。

確実な制御に加えて、ドライバーが快適に運転できる”自然で違和感のない制御”にもSUBARUは拘っています。
何故なら、アシストするステアリングの動きがぎこちなかったり、急な力が加わったりすれば、違和感が生じ、積極的にご使用いただけなくなってしまいます。
開発時には、「人はカーブをどう運転しているか」を知るために、カーブの連続する道で何度も実証試験を繰り返してきました。
いかに違和感なく、カーブを綺麗にトレースさせるかを大切に開発した結果、まるで上手なドライバーがステアリングを一緒に握ってくれているような制御を実現していますd(^-^)!!

ツーリングアシストというネーミングには「より遠くへ、より速く安全で快適に」というグランドツーリング思想が込められています。

長時間の移動でも、アクティビティを心おきなく愉しめるよう、安全で疲れずに移動するという考え方を具現化した「ツーリングアシスト」の魅力を、カーライフアドバイザーが詳しくご説明いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

*1:車速の設定は必ず制限速度の範囲内で行ってください。
●アイサイトはドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、路面や天候等の状況によっては作動しない場合があります。機能を過信せず安全運転を行なってください。詳しくは店頭でご確認ください。

 

「SUBARUのクルマづくり」バックナンバーはこちらからご覧ください

【1】 アイサイトのステレオカメラ

【2】 ドライバーモニタリングシステム

【3】フロントビューモニター

【4】スマートリヤビューミラー

【5】歩行者保護エアバッグ

【6】後退時ブレーキアシスト

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

●掲載の内容は、予告なく変更/終了する場合がございます。

掲載日:2019年3月17日