SUBARU

雨の季節も簡単チェックで安全運転!

-梅雨の季節も安心してお乗りいただくために-

本格的に雨の季節を迎え、ジメジメとした毎日が続きますね~(>o<)!!

今回は、雨の多い季節に安全・快適にドライブを愉しんでいただけるよう、「ワイパー」と「タイヤ」の簡単なチェックポイントをまとめてみました♪

<ワイパーについて>
ワイパーは雨天時でのクリアな視界を確保するための重要アイテムです。

実際に当社でもワイパーのゴムの交換時期についての問い合わせをよくいただきます。平均的には1年程度と言われていますが、実際には、クルマの保管状況によって大きく変わってきます。特に屋根のない場所いわゆる「青空駐車」だと、その交換頻度は高くなります。

・ゴムの部分を見てヒビ割れが確認できる。

・ワイパーを動かしてみてビビリ音がする、拭き残しが出る。

このような症状が出たら、もう交換の時期が来ています。普段からこまめにチェックしてくださいね d(^-^)!!

 

<タイヤについて>
タイヤの溝、無くなったまま走っていませんか?

一般的に夏用タイヤには新品で7〜8mm程度の溝が入っています。溝が1.6mm以下になるといわゆる「スリップサイン」が出てきますが、ここまでタイヤを使うのは走り過ぎです。夏用タイヤの溝は3mm〜2.5mm以下に減ったら交換をおススメします

タイヤの溝の確認方法ですが、手っ取り早い方法としては「10円玉」を使う方法があります。写真のように10円玉を真横にして溝に差し込んで、常盤木の葉っぱが全部隠れないようだと3mmを切っています。このような場合は要注意ということですね!

またタイヤもゴムですから、いくら溝が残っていても、外から見てヒビ割れが確認できるものは早めの交換を推奨いたします(>o<)!

タイヤといえば、もう一つ重要なポイントが「空気圧」。

走っていればタイヤの空気は少しずつ抜けていきます。なんとなくでも「いつもよりハンドルが重い気がする」「カーブを曲がるときにハンドルを取られる気がする」と感じたら空気圧をチェックしましょう♪

空気圧を確認できるハンディタイプの「エアゲージ」も市販されていますが、ガソリンスタンドで確認してもらえば、そのまま空気の補充も出来ますので、一番お手軽です。

今回はワイパーのゴムとタイヤについて取り上げましたが、梅雨の季節はクルマのボディや室内空間にとってもシビアな時期です。神奈川スバルでは各種ボディコーティングや下回りコーティング、快適な室内空間を維持する各種アイテムなどをご用意しております(^o^)!!

おクルマの事で気になる事がございましたら、ぜび神奈川スバルのお店までお気軽にお問合せくださいませ。

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

●掲載の内容は、予告なく変更/終了する場合がございます。

掲載日:2018年6月14日