SUBARU

全国から集まったメカニックの挑戦

-86/BRZレースにSUBARUのディーラーメカニックが参戦-

SUBARUでは、全国のディーラーメカニック「テクニカルスタッフ」が日々の仕事で培った技能や経験を生かし、モータースポーツの世界に挑戦できる場を提供しております。

先日ブログでも取り上げました”86/BRZ レース”を始め、”全日本ラリー選手権”、”ニュルブルクリンク24時間レース”に参戦する機会を設け、これを目指してテクニカルスタッフは日々奮闘しております。

今回は、厳しい選考を経てレースに参戦する彼らの姿を、先日行われた”86/BRZ レース”にて取材してきましたのでご紹介します!

プロドライバー・アマチュアドライバーの2シリーズで展開。「SUBARU BRZ」・「TOYOTA 86」で争われている大人気のカテゴリーで、全国のSUBARUテクニカルスタッフ最初の参戦目標となるのが”86/BRZ レース”!!

入社2年目からチャレンジが可能で、全国のSUBARUディーラーにて選抜されたテクニカルスタッフが、さらにSUBARU本社で厳しい選考が行われて決定します。

ちなみに、”全日本ラリー選手権は経験年数5年”、”ニュルブルクリンク24時間レースでは経験年数10年”に加え、SUBARUが定める技能資格”スバルサービス認定資格 STARS テクニカルスタッフ1級”が必要になったりと、経験年数と高い技能が要求されるようになり、参戦レースとともに自身もステップアップしていく制度となっています(^-^)!

そして、今回の”86/BRZ レース”開幕戦に参戦したのが、神奈川スバル 相模原南店のテクニカルスタッフ”宮崎 優治”!今シーズン、86/BRZレースへの参戦応募者数が去年の約3倍となり非常に倍率が高かったのですが、その中の選考を潜り抜けた、期待の若手!!

当日、レース前に「ドライバーの手助けになるように頑張ります!」と強い意気込みで臨んでいました。

サーキットでの作業は、設備が整った店舗とは全く異った環境で行われます。さらに時間やツールなどが限られている中で、マシンを完璧なコンディションに仕上げるため、迅速かつ的確な作業が求められます。

狭い範囲の中で、作業効率を考え部品や工具の置く場所にも拘り、無駄のない行動にも気を使っています!

そして、SUBARUチームが一丸となって勝利を目指すためには、作業だけでなくもちろんチームワークとコミュニケーションもとても重要になってきます。ドライバー、チーム、全国から集まったテクニカルスタッフと初めて顔を合わせる中での作業となるので、短い時間でどれだけ心を通わせることができるかもポイントなんですd(^o^)!

今までに経験したことのない緊張感みなぎる現場で、1/1,000秒を争う世界でSUBARUチームとして一緒に闘うことで得られた貴重な経験は、店舗で行う作業もレベルアップ!お客様のクルマを高いクオリティでメンテナンスしていきます。

SUBARUでは、スタッフを大きく育ててくれるこのような環境があります。そして、今回レース初参戦を終えたテクニカルスタッフは、さらなる目標に向かってこれからも挑戦し続けていきます。

明日のブログでは、86/BRZレース!プロモーション風メカニック編ムービーをお届けいたしますのでお楽しみに♪

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

●掲載の内容は、予告なく変更/終了する場合がございます。

掲載日:2018年4月16日