SUBARU

86/BRZ レースをクルマから深く知ってみる

-86/BRZワンメイクレースの奥深さと愉しさ-

先日、鈴鹿サーキットにて開催された86/BRZレース。このレースは統一された車両による”ワンメイクレース”なのですが、プロ・アマ問わず大人気のカテゴリーとなっております。

その中でもトッププロのレーシングドライバーがこぞって参戦し、口を揃えて「たのしい♪」と答える理由は何なのか?今回は参戦する車両について注目してみました(^o^)!

パッと見、ステッカーなどで派手な感じを受けますが、エアロパーツは付いておらず、しかもナンバーがついているので普通のクルマと遜色がないです。

これが 86/BRZレース車両の大きな特徴。規定により車両の安全を確認する為、一般公道での走行チェック * も実施しています。

次に、車両をすみずみまで見てみました!86/BRZ レース専用の車両はどんな感じなのでしょうか?

まずはエンジンルーム。見た感じ、タワーバーとオイルフィルターが変わっているだけで、他は通常モデルと遜色ないですね。これも規定によるもので、エンジンには一切手を加える事が出来ないそうです(^-^;)!!

続いて足回り。ブレーキパッドは変更可能となっております。サスペンションも指定されたものへ変更が可能なのですが、車高が大きく変わらないので、パッと見た感じは本当ノーマルって感じです。

…!! 普通にリモコン付きのカギなのですね!ドアもパワーウインドゥが付いております!

車内はシートを見れば”レース車両”と分かりますが、ステアリングやスイッチなどは変更されておりません。唯一「シフトノブ」の変更と油温・水温計が装着されておりました。

あまりに違いが分からなかったので、ココでレギュレーションブックを見てみることに…(^^;)

なんと!これらも規定されている部分でした。車内はシート・シフトノブの交換は認められておりますが、その他部品の取り外しや交換が一切認められていないのです!(だからステアリングがノーマル!)

車内にはロールゲージが組まれているので、ここでレース車両だと分かります。ちなみに車内後方にはアクションカムが取り付けられる様になっていました(^o^)!

こうして見ると厳しい車両規定がある”86/BRZ レース”。マシンの「差が無い」状態の中で、許された僅かなセッティングとドライバーの腕によって優劣が決まる戦いであり、これがこのレース最大の魅力なのですね(^^)!

ちなみに先日、久保選手にお話を伺ったのですが、マシン差が無いのでセッティングはかなりシビアに行うそうです。調整可能な範囲や箇所も少ないので、一つたりとも無駄にしないよう、拘って調整してレースに挑んでいると仰っておりました。

調べれば調べるほど86/BRZレースはとっても”奥が深い”!プロがハマる理由が分かりました!このレースは全国各地で開催され、夏には富士スピードウェイでも行われますので、観戦してみてはいかがでしょうか?

 

*  主催者が指定した場所・時間で実施。

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

●掲載の内容は、予告なく変更/終了する場合がございます。

掲載日:2018年4月12日