SUBARU

“サポカー補助金”と”SUBARUのサポカー”

-法案が可決した「サポカー補助金」って?-

先日、国会にて補正予算案が可決・成立した「サポカー補助金」。これは65歳以上のドライバーの交通事故防止対策の一つとして、予防安全装置が装着されたサポカー(安全運転サポートカー)をご購入された場合、サポカー補助金が交付される制度。 *1,2,3

ちなみにサポカー(安全運転サポート車)とは 「衝突被害軽減ブレーキ」、「ペダル踏み間違い時急発進抑制装置」が装着された車両の事で、搭載している装備や購入する車両によって補助金額が異なります。 *4

①「衝突被害軽減ブレーキ」及び「ペダル踏み間違い時急発進抑制装置」搭載車は 普通車・小型車 10万円(新車)、軽自動車(新車) 7万円、中古車 4万円

②「衝突被害軽減ブレーキ」搭載車は 普通車・小型車 6万円(新車)、軽自動車(新車) 3万円、中古車 2万円

SUBARUは「アイサイト」・「スマートアシスト」搭載モデル全てが対象となります(^o^)!!一部のモデルを除いて殆どのモデルが「サポカー」となっております!

「サポカー補助金」の施行時期はまだ未定となっておりますが、対象車をご検討の際はぜひこの制度もご確認くださいませ!サポカー・サポカー補助金について、詳しくは神奈川スバル店舗スタッフまでお尋ねください。

☆SUBARUのサポカーについて詳しくはこちら

 

*1 補助の対象者:令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者、および令和
元年度中に満65歳以上となる高齢運転者を雇用する事業者(補助金はお1人
につき1台限り)

*2 補助金の対象車種:審査委員会の審査を経た車両で「衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)」および「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」搭載車です。車両本体の価格が1,000万円を超える車両は対象外となります。

*3 対象期間:2019年12月23日以降に登録(届出)された車両

*4 本制度には後付けのペダル踏み間違い時急発進抑制装置の装着に対しても適用となります。(障害物検知機能付 4万円、障害物検知機能無し 2万円)

※自家用自動車は法人名義では補助金の対象外、事業用自動車は法人名義および個人名義での購入が補助の対象となります。(1事業者につき65歳以上の高齢運転者の人数を超える件数の補助は受けられません)
※補助金を受けた新車は、登録(届出)日から1年以上の間、原則として同一の者による使用が必要です。(車検証上の使用者名義を変更した場合、補助金を返納いただくことになります。)
※予算に到達次第、補助金は終了となります。
※車両登録・届出後、一定期間内に審査機関に申請が受理される必要があります。交付決定後申請者に直接交付されます。

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

●掲載の内容は、予告なく変更/終了する場合がございます。

掲載日:2020年2月10日