SUBARU

東京オートサロン2020レポート

-2020年SUBARU/STIのモータースポーツ活動も発表!-

1月10日(金)〜12日(日)、幕張メッセ(千葉県千葉市)にて東京オートサロン2020が開催されました(^o^)!!

“カスタマイズカーの祭典”と呼ばれたイベントも、自動車メーカーが参入し、ニューモデルやモータースポーツ活動の発表の場となり、年々多くのファンの方が訪れるビッグイベント。

SUBARUも大型ブースを構え、様々なコンテンツを展開。連日多くのお客様で会場を賑わせておりました!

ちなみに、今回はイベントを行うメインステージエリアとモータースポーツエリアとブースを大きく2つに分けており、SUBARUブースを訪れたお客様がゆっくり観ていただけるようになっていました(^-^)!!

今回SUBARUブースの目玉は、何と言っても”レヴォーグプロトタイプ STI Sport”。今年発売を予定しております新型レヴォーグ。東京モーターショー2019にてプロトタイプが発表されておりましたが、それをSTI Sport化!STIが手がけたレヴォーグはスポーツテイストが一段と高まっておりました!こちらはステージに鎮座。遠くからでもしっかり見えるようになっておりました。

WRX S4 STI Sport GT CONCEPT

SUBARU BRZ STI Sport GT CONCEPT

ステージ下には2台のコンセプトカー「STI Sport GT CONCEPT」その名の通り、GTマシンをイメージした作りが特徴。

GTマシンを彷彿とさせるリヤスポイラーや、ウルトラスエードやレカロ社製バケットシートなどの専用内装がカッコいい!

特筆すべきは、WRブルーと思われたボディーカラーが変わっていて「ラメ」が加わっておりキラキラと輝き、ブースの下でひときわ輝きを放っていた事。写真を撮って見るとツヤ感と光沢感の違いに驚きました!

WRX STI  2019全日本ラリー選手権 JN1クラス シーズンチャンピオン車両

WRX STI NBR2019 ニュルブルクリンク24時間レース SP3Tクラス 優勝車両

SUBARU BRZ GT300

モータースポーツエリアには3台のモデルを展示。ポイント搭載エンジンが全て「EJ20」型である事。SUBARUのモータースポーツを支えてきたスポーツエンジン。市販車への生産が終了しWRX STIの発売も終了。EJ20型エンジンが作りだしたストーリーは数知れず、まさに有終の美を飾るかのようでした。開発中の次世代エンジンはどんなストーリーを刻んでくれるのでしょうか?

SUBARUブースには物販エリアも設けられており、新しく発表となったSUBARU/STIの新チームウェアや、限定のグッズなどたっぷり販売していましたょ(^-^)!!

今回のオートサロンではSUBARU/STIモータースポーツ活動の発表もあり、2020年シーズンを戦うドライバーを集めたトークショーも展開。SUBARU/STIの想いはファンの皆様と共に「挑む」事。ステージだけでなく、フロアに降りて行うトークショーなど、ファンの皆様との距離がグッと近づく愉しい内容となっておりました。

ブログスタッフ、会場を訪れた時間が遅く、終了する時間までいたのですが、最後はコンパニオン達の挨拶があるんですね!スバルスターズと3人の継続が決まったSUBARUのレースクイーン”BREEZE”が勢揃い。

レース同様にコンテンツ盛り合わせのイベント「東京オートサロン」。ここから始まる2020年モータースポーツシーズン。みなさま応援よろしくお願いいたします。

追伸、当社がサポートしている山内英輝選手にも新年の挨拶をしてきましたょ(^o^;)!!

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

オフィシャルブログは、Facebook、Twitterからもご覧いただけます。
神奈川スバルのFacebookページに「いいね!」
Twitterページに「フォロー」をお願いいたします。

神奈川スバルFacebook、Twitterページにはこちらのアイコンからアクセス出来ます。

Facebookもチェック   Twitterもチェック

●掲載の内容は、予告なく変更/終了する場合がございます。

掲載日:2020年1月15日